ホーム > 活動レポート > なんやかんやの活動の一つ

傘袋の作成

私が描くなんやかんやのコンセプトを一言でいうならば、

「能力を持ちながらも就職困難な状況にいる人たちを何とかしたい。」です。

何が出来るか問われましたら、全ての事は完璧には出来ません。

ですが、人其々得意なものがあるでしょう。

得意なものを活かして、持っている能力を世に発信する後押しをしたいと思っています。

これはコンサルティングになるのかもしれません。

私一人が対応するのではなく仲間や専門家から意見を頂き、前向きに真剣にその方へアドバイスを行います。

ホームページで、活動の展開及び戦略を掲載予定

活動の展開として、私はコツコツとある事を始めています。

傘袋の作成です。

まずは、 傘袋を紹介いたします。ご覧ください。

 
   

この傘袋はゴミにならず、マイバッグの様にご自身で持ち歩くタイプです。
傘の柄にシュシュ様のリングを付け、傘袋が雨水の重みで落ちない様にしています。
折り畳み方法も簡単です。
とてもコンパクトになります。
市販の物はここまでコンパクトにならず、かさばり、持ち手が袋に付いているので収納時に邪魔になります。
かわいい柄の生地を八王子市散田町の(有)コットンハウス タンノさんで、購入しました。
水はけが簡単に行える工夫をしています。防水加工も怠りません。

傘袋の裾に溜まった雨水を出すために、開口部分を設けています。
これが、特許と認めていただきました。
上の写真と同様に折畳んだ状態です。

横約12センチメートル
縦約7センチメートル
厚み役2センチメートル(圧縮時は7ミリメートル程)
とある飲食店入り口の様子

使用者がちゃんと使用済みBOXに入れないので、ゴミ化しています。
ある商店の前です。

お客様に利用していただこうとサービスで置かれているはずの傘袋がゴミ化しています。
テイクアウトも出来るお店です。

左の2軒同様、せっかくのサービスが台無しです。

無料といえども、お店側には維持費、処分費がかかっています。
この情報は、「なんやかんや」により登録されました
情報掲載日:2017/06/03
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.