ホーム > 活動レポート > 2017.1.15 講演会「認知症の人の食支援で悩んでいませんか!?」

2017.1.15 講演会「認知症の人の食支援で悩んでいませんか!?」

44名の参加者の皆様、ありがとうございました!! 講師の枝広あや子先生は本日のミッションとして、以下の内容でお話しくださいました。
前半:
1.認知症の人の食支援を行うための基礎知識 1)摂食・嚥下のメカニズム 2)認知症の人によく見られる特徴 3)“食べないことによるリスク” 

2.なぜ、食べてくれないのか 1)“食べられない”のか“食べたくない”のか 2)摂食機能に問題があるのか、嚥下機能に問題があるのか 3)解決に向けたアプローチを考える

後半:
3.食べられない場合のアプローチ
1)どんな場合が考えられるか 2)加齢による摂食嚥下機能の低下 3)認知症の原疾患ごとの嚥下障害の特徴 アルツハイマー型/脳血管性/レビー小体型/前頭側頭型 4)摂食機能に問題がある場合のアプローチ 5)嚥下機能に問題がある場合のアプローチ

4.“食べたくない”場合のアプローチ方法 1)どんな原因が考えられるか 2)食事環境のチェック 3)食事の際の観察ポイント 4)配膳前の食事介助のポイント◎食事環境への配慮 ◎全身状態 ◎ポジショニングの工夫 5)配膳後の食事介助のポイント ◎環境や声掛けによる食事環境の整備 ◎嚥下状態の確認 ◎呼吸状態の確認 ◎誤嚥性肺炎を起こさない食事介助 ◎食べやすい食事介助方法の工夫

グループワークはまず最初にユニークな自己紹介から始まりました。
KJ法の手法で各グループごとに纏めました。
グループ2の発表です。
グループ4の発表です。
グループ3の発表です。
有意義な講演会でした!!!
この情報は、「多職種と共に食支援を考える会」により登録されました
情報掲載日:2017/01/27
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.