ホーム > 助成金情報 > 令和2年度 東京都テレワーク導入モデル体験事業

制度名 令和2年度 東京都テレワーク導入モデル体験事業
実施団体 東京都 
助成内容 新たにテレワークの導入を検討している都内中堅・中小企業等に対して、簡易的にテレワークを体験できる端末及びツールを無償貸与することで、テレワークのメリット・効果を体感できる機会を提 供し、テレワークの導入を促進することを目的とします。

1.事業の内容
 東京都が貸与した機器等を活用してテレワークを実施していただき、そのメリット・効果を体感いた だきます。

2.対象企業等
  (1) 対象企業の要件
   /靴燭縫謄譽錙璽を導入しようとする企業等であること
   都内で事業を営んでいること
   常時雇用する労働者数が 2 人以上 999 人以下の企業、一般社団法人、一般財団法人等であること。また、都内で雇用保険被保険者である労働者を2人以上雇用していること。
   そ業規則にテレワークに関する規定がないこと
   ヅ圓箙顱道府県、区市町村が実施しているテレワークの導入等を目的とした補助金の交付決定を受けていないこと
   Σ甬遑鞠間に重大な法令違反等がないこと
   賃金や労働時間等に関する労働関係法令を遵守していること
   都税の未納付がないこと
   風俗営業、性風俗関連特殊営業、接客業務受託営業及びこれに類する事業を行っていないこと
   代表者、役員または使用人その他の従業員若しくは構成員が暴力団員等に該当する者でないこと

  (2) テレワーク機器利用者の要件
   都内の事業所に勤務していること

3.貸与する機器等
 ‥豕都からテレワーク用の端末を1社当たり1台。
 貸与する端末には、企業の ICT 環境等を踏まえたツールセットを予めインストールの上、必要な設定を行う。
 4望により端末とは別にポケット Wi-Fi も貸与。
 ご望により都から貸与する端末とは別に、体験利用に必要な範囲内で、会社内の端末についても必要な設定を行う。
 ッ舎の貸与ではなく、企業が所有する端末をテレワーク用に活用される場合は、当該端末にツールをインストールすることも可能。

4.問合せ先
 東京テレワーク推進センター 「令和2年度 東京都テレワーク導入モデル体験事業」事務局
 【E-Mail】try@tokyo-telework.jp
 【TEL】03-3868-0708
  平日(祝日、年末年始を除く)9時から 17 時まで 
助成対象 一般社団法人、一般財団法人等 
募集期間 4月1日(水)〜7月31日(金)(予定)  
応募締切日 7月31日(金)※予定
関連サイト https://tokyo-telework.jp/lp/try2020/index.html 
 
情報掲載日:2020/05/28
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.