ホーム > 活動レポート > 里山農業クラブ 2019田んぼの学校始まる 2019.5.8

里山農業クラブ 2019田んぼの学校始まる 2019.5.8

 今年の田んぼの学校も本格始動です

 武蔵野幼稚園、柚木武蔵野幼稚園の「たんぼの学校」が今日から始まりました。
 田起こし、畔塗(くろ塗り)・代掻き、田植え、草取り、稲刈りと子どもたちの作業も秋まで続きます。
 
 まず、田起こしの前に秋に入れておいた落ち葉の山の中から木くずや危険な物を取り除く作業をしました。なんと、今日は、シュレーゲルアオガエルの産卵を発見しました!


 「開校」に当たり、まず、保護者の皆さんに米作りの一年について簡単に学習してもらいます。
 子どもたちの卒園アルバムの「取材チーム」にもしっかり学習してもらいました。
 子供用の小型の「三本ぐわ」で田起こしの体験実習です。
 皆さんほぼ初体験ながら、子どもたちの「先生を目指して」鍬を振るいました。
 8日と9日にクラスごとに田んぼにやってきて、田起こし作業に挑戦しました。
 
 みんな、田んぼでの作業について園で少し話を聞いて知ってます。
 でも、鍬を持つのは初めてです。危険も伴うので、作業については、真剣に注意を聞いてもらいます。
 にわか体験実習を経験して「先生」になった保護者の皆さんが一人一人に付いて田起こし作業開始です。皆さん、奮闘ご苦労様でした。
 形は、一応、田起こしですね。

 全員、頑張って田起こし終了!
 田起こし終了したあとは、水路で生き物観察にみんな夢中です。
 これから、毎回、田んぼの周りで自然観察で楽しみながら米作りと共に学んでいきます。
 さて、次回の田んぼは、「代掻き」という名の大泥んこ運動会です!!
この情報は、「里山農業クラブ」により登録されました
情報掲載日:2019/05/11
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.