ホーム > 活動レポート > なんやかんやの 一人プロボノ 第2弾

なんやかんやの 一人プロボノ 第2弾

一人プロボノ 第2弾

なんやかんや 白川寿子の支援方法の一面です。

例を挙げて、関連事項を書き出していきます。

目的にたどり着くにはこちらが相手を理解する事です。

たくさんの事を奥深く聞き出すことや、who,where,what,when,why,howと言った、中学英語にも出てきます5w1hを活用します。

相談者の未来・目的が見えない場合、掘り下げて質問していきます。つまらない言葉だと思いながらも実は、鍵になっていたり、進行しなかったりと言った理由になっている場合もあります。
一人プロボノの活動には、守秘義務を持ちます。

今回の画像は、あくまでも例を挙げてのヒアリングでしたので掲載しています。
単にプロボノ活動に使用するのではなく、ご家庭で困ったことがある場合にも、この様に紙に書き出す方法はとても有効です。
この情報は、「なんやかんや」により登録されました
情報掲載日:2017/08/06
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.