ホーム > 活動レポート > なんやかんやはこんなこともします。

なんやかんやはこんなこともします。

立川で知り合ったあるおばあさんから、私が傘袋を作っている話を横でお聞きになっていて、こんなものが入る袋が欲しいと仰いました。
なに?と尋ねると、折り畳みの杖を袋に入れて持ち運びたいと仰っていました。
水に濡れて、キャリーバッグに入れる時に濡れてしまうというのです。
困っている状況を見逃すわけにはいかない私は、「残り布で良ければ、作って持ってきておくよ」というと、折り畳みの杖を取り出し、大きさをアピール。お店の定規を借りて寸法の採寸。あれから2週間、ようやく手を付け完成しました。

寸法は横が約50僉幅は約20
布はちりめんで、ポリエステル100%です。
とてもしなやかな生地、日傘用の傘袋を作った残り生地を使用。
芯を張り、底の部分に縫い目を持たず、紐で口を縛る方法を取りました。
紐は本体に固定し、広げても引っかからない様に長さを調節し、口を縛ったときには肩にでもかけられるような長さにしました。
折り畳み式というわけではないのですが、使用しない場合にはコンパクトに、ばらけない様に紐をクルリと回すと、束ねておくことが出来ます。
アクセントにビーズを使用しました。
折畳杖を入れて口を絞ると写真の様になります。
引っ張った紐にゆとりを持たせています。
気に入ってくれると嬉しいですが。
この情報は、「なんやかんや」により登録されました
情報掲載日:2017/07/20
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.