ホーム > 活動レポート > 2017年2月17日第33回、34回定例活動他報告

2017年2月17日第33回、34回定例活動他報告

「戸吹北森を守る会」2月17日(金曜)第33回目、3月5日第34回目の活動報告及び2月26日(日曜)の川口活動報告です。
2月17日(金曜)は少人数活動(田圃の補修、水路整備)でした。
3月5日(日曜)は炭出し・田圃外柵補修・イノシシ対策ネット設置、水路整備でした、春ですねオケラ君(写真)がひょっこり顔を出しましたがまだ寒いので動きが鈍かったです。2月に焼いた炭の出来は上々でした、ドラム缶2個で土嚢袋6袋分の収穫がありました。ヤマアカガエルの卵も孵りオタマジャクシで池も真っ黒です。
2月26日(日曜)の川口活動は自然観察路沿いの枯れた危険木の伐採処理作業でした。
次回活動は3月12日(日曜)です、作業は田圃外柵補修・くぬぎの丘草刈・自然観察です、終了後は年度末総会を立川で開催いたします。

 
   

上出来の炭、コナラとモウソウチクを焼きました。
小麦畑の周りにイノシシ対策のネットを設置しました。
落葉溜めのネットをカブトムシが使いやすいよう高さ2mから1mに交換しました。
ヤマアカガエルのオタマジャクシ、水不足が心配です。
田圃の周りの竹策を補修しました。
倒木にサルノコシカケがいっぱいついてました。
この情報は、「戸吹北森を守る会」により登録されました
情報掲載日:2017/03/24
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.