ホーム > 活動レポート > 2016年7月24日「川口の自然を守る会」における定例活動報告

2016年7月24日「川口の自然を守る会」における定例活動報告

「川口の自然を守る会」の里山保全ボランティア活動協力。日照障害樹木の伐採作業がメインの作業でした。
夏の時期の伐採作業はかなり危険です、牽引システムをフルに使い少人数でもコントロールできる体制をとりました。比較的空間に余裕のある場所でしたので無事処理することができましたが、何本かは架かり木の処理で一苦労しました。この時期の広葉樹は枝葉が茂り重さも半端ではありません、できれば避けたいものです。

 
   

チェーンソーをフル活用しての伐採作業、伐採後の処理が一仕事です。
伐倒方向のコントロールはかなり難しく少しでもずれると架かり木になってしまします。
伐採した中にはクリの木もありました、もう少しで食べごろになったのに残念。
樹齢40年ほどの樹木でした。
アブラゼミの抜け殻、周辺はセミの大合唱でした。
この情報は、「戸吹北森を守る会」により登録されました
情報掲載日:2016/08/17
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.