ホーム > 活動レポート > 2016年7月3日第10回定例活動他報告

2016年7月3日第10回定例活動他報告

「戸吹北森を守る会」7月3日(日曜)第10回目の活動、はこのシーズンの基本作業である草刈りと常緑樹の伐採作業がメインでした。また今月中旬に予定されている武蔵野大学生諸君の主催による里山ツアー(里山の竹を活用したイベント:そうめん流しを造り味わう)の準備作業でした。
今年初めてのニイニイゼミの声を聴きながらの作業、竹の切り出しから加工、組み立て全てが現地合わせの作業で四苦八苦、課題は20リットルの水タンクを設置する台の組み立てです。試行錯誤の結果は本番で披露します。(写真)
次回活動7月10日(日曜)は引き続き草刈り、ヒサカキなどの下刈りを行います。

 
   

竹の台組み立てに四苦八苦する学生諸君。
5月に田植えした古代前の稲、日照障害のある谷戸田でも、元気に育っています。
ヒサカキなどの常緑樹を伐採し明るくなった里山、下草が芽吹いて安定した環境になることでしょう。
作業姿も板についてきているようです、でも油断は禁物慣れたころのケガが一番多く発生します。
オタマジャクシの池の向こうは陸稲の畑、発芽率が悪く草のほうが目立ちます。
鮮やかなオレンジ色のヤブカンゾウの花。
この情報は、「戸吹北森を守る会」により登録されました
情報掲載日:2016/08/11
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.