ホーム > 活動レポート > 2016年6月12日第8回定例活動報告

2016年6月12日第8回定例活動報告

「戸吹北森を守る会」6月12日(日曜)第8回目の活動、田植えから1か月、相変わらずの空梅雨で田圃の草取りは楽にできました。水不足は酷いもので溜池にわずかに水面が見えるだけで、あとはカラカラ状態です、今晩の雨に期待します。
作業道の周辺は人が通れなくなるほど草木が生い茂り始めました、別班が刈払い機で通路確保の草刈りで1日かかりました。先週蒔いた陸稲はまだ芽が出ていませんでした。
※次回6月17日(金曜)の作業はヒサカキなどの間伐材と草刈りです。
※ホタルが舞い始めたとの情報が入り始めました、ホタル観察会は6月26日(日曜)の川口での活動の終了後の夜を予定しております。

 
   

干からびた池、雨に備えて補強と浚渫作業をしました。
通路確保の草刈り、刈払い機3台がフル稼働で1日かかりました。
補強が完了した溜池。
春先に浚渫した上流部の溜池は水面が残っています。
マダケのタケノコ、モウソウチクが終わる頃から出てきます、マダケ林は更新中のため、タケノコの採取は禁止されています。
傘の廃材利用によるイノシシ対策効果により今年もヤマユリが元気に育ってます。
この情報は、「戸吹北森を守る会」により登録されました
情報掲載日:2016/06/14
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.