kokohana やさしい日本語でつながる八王子の会

2021/10/10 パキスタンにルーツをもつ方と、お話する会

南大沢の生涯学習センターにて
パキスタンから来日した家族、2家族をお呼びして、いろいろなお話を聞きました。
パキスタンの暮らし、大家族で暮らす様子、お父さんの存在の大きさ、女性に対する考え方、日本と違う教育システム、ムスリムの方の暮らしなど。
日本に来て、日本語を学び、日本の中学校に通い、高校受験をし、大学受験をし、アルバイトをしながら大学に通っている、パキスタンからきた子供たちの話など。
日本の大学に入学するまでに、どれだけの時間と努力を費やしたのか…
本当に、こちらも考えさせられるような、貴重なお話を聞くことができました!

 
   

パキスタンでは、砂糖をたっぷり入れたミルクティーを飲むそうです。美味しそうですね…
(写真はインターネットから)
パキスタンでは、ウルドゥー語と英語が公用語だそうです。使用されている言語は他にもあります。国民の8割はバイリンガルだそうです。お会いした方たちは、ウルドゥー語とバンジャーブ語を話していました!
日本に来たばかりの子供たちは、八王子にほんごの会で、ボランティアの皆さんと日本語を勉強することになりました。
(写真はイメージです)
前のページへ戻る