館ヶ丘自治会・道の駅高尾(仮称)検討会

6月自治会報を発行しました。ワクチン予約172名サポート

自治会報6月号を発行しました。コロナワクチン接種の予約サポートを自治会では4月末から取り組んできましたが、6/4現在172名の方の予約をお手伝いして、「予約のため電話をかけ続けたが繋がらず、これではワクチン接種を諦めるしか無いと思った。自治会で取ってくれると聞いてきたが、直ぐに予約が取れた。本当に感謝します」等の声が寄せられています。5/9毎日新聞を皮切りに、TV取材が相次ぎ「テレビつけたら館ヶ丘団地が出て来て、助け合いが進んでるのですね」、お孫さんから「おばあちゃんの団地がテレビに出ていた」等、団地が全国に紹介されています。
法政大学学生ボランティアとNHK、団地の自治会と防災についての打ち合わせを持っています。団地暮らし向上の取り組みを続ける拓殖大学藍澤ゼミは今回のワクチン予約をお手伝いいただいていますが、防災の取り組みをはじめました。
モクモク広場の入り口に手すり、URと自治会の共同花壇の造成作業が進んでいます。
日曜日の館小コロナ接種会場への送迎に団地タクシーが2台でフル回転しています。緊急事態宣言の延長の中、団地タクシーは11時〜15時通常運行、団地の縁側は11時〜14時短縮でオープンしています。

拓殖大学藍澤ゼミと団地暮らし向上の取り組みを昨年から行っています。
前のページへ戻る