ファシリテーション勉強会「アンディ」

オンライン・オトパ出展

3月13日、市民を地域の市民活動に呼び込むイベント・第24回オトパ(お父さんお帰りなさいパーティ)に出展。
このご時世、全てオンラインでオトパを行うという、初の試みでした。

私は今年度、市民活動協議会の理事に就任したのがきっかけで、このオトパに実行委員で関わることになりましたが、一方、出展団体でもあり、当日は後者の立場でオンライン参加しました。

訪れる方に会のことを説明をするのにパワポが便利だろうということになり、こういうのが全く苦手な私も重い腰を上げました。
基本のパワポは、週末に実家に戻ってきた息子が、何やら小難しいワザを使いつつサクサク作ってくれました。
それをベースに、今度は私が、他に入れたい画像と一連の操作の仕方を夫にアレコレ聞きつつ、何とか仕上げることが出来ました。
ヤッター!
(なお別途音声入りの物に関しては、実行委員会のサポートで作りました)

当日はZoomで画面共有しながら説明。
外は雷雨だったので、オンラインのメリットを十分に感じることが出来ました。
ただ、オトパ前の問い合わせで、高齢者の方が「オンライン」と聞いて早々に諦められたのが複数件あったのが残念です。
IT弱者を自認する私でも、何とかやれるようになったZoom。身近に手取り足取り教えて下さる方がいたら、案外出来るようになるものだと思うのですが、コロナで、この「手取り足取り」がむつかしく。。

でも、オンラインのメリットを感じて下さる人の口コミで、きっとゆっくり、ゆっくりと、高齢者にもオンラインが広がっていくと期待しています。

前のページへ戻る