介護の社会化を進める一万人市民委員会in八王子

活動報告

12月14日(水) 訪問調査の中間報告を行いました。前回の調査に比べ訪問施設との連絡がなかなか取れないため、来年2月迄調査期間の延長を決定氏しました。
2月24日(金)訪問調査のまとめは、5月上旬までに報告書を完成の作業日程を決まました。また、「高齢者住宅の現状」を知るため学習会を開催します。関心のある方はぜひ参加ください。
「高齢者住宅の現状」
講師  浅川澄一氏(元日経記者)
日時  3月10日(金)13時30分〜15時30分
会場  クリエイトホール 第5会議室
参加費・資料代 300円 当日会場にて

明るい食堂に,入居者が談話ができるようソファ等を設置して工夫されていました。
住宅型有料老人ホームの調査状況です。会員2名で訪問し同じ昼食を食べ、見学をさせて頂きました。施設長から入居者の日常の様子や介護の様子などを説明いただきました。
サービス付き高齢者向け住宅の玄関です。床はフラットです。折りたたみ椅子が設置され、ゆっくりと靴等の履いたり脱いだりできるよう、転倒予防の配慮がみられました。
前のページへ戻る