一世クラブ
一世クラブ
紹介
一世クラブの紹介
定年退職者一人ひとりが、社会福祉・まちづくり等様々な社会貢献活動に関わり、それぞれの地域社会に寄与するために情報交換や研修会等の相互啓発を行う。

一世クラブの歴史
1.1983年11月発足 5名
  (名称:一世中堅企業経営コンサルタントグループ)
2.1988年 名称を 「一世人材センター」に変更22名
3.2000年 名称を「一世クラブ」に 変更 145名
4.2014年 30周年 265名

名称の由来
「一世一代の出会いで固い絆で結ばれた私達は、仲良く生きがいを求めていきましょう」
との思いをこめて「一世クラブ」と命名

会員の思い(1983年に理念として制定)
1.人の老いは年齢ではない 
身体は老いても心は常に青春でありたい
2.感激 感動の出来る人生でありたい
3.常に目標を持ちそれに挑戦 
遂行の悦びを 感じる行動をしたい

一世クラブの体制・活動
体制
 ・役員会
(各活動の幹事と役員で構成、毎月開催)
 ・定期総会を1月に開催
活動
《主催行事》
 ・会報発行・研修会・懇親会・作品展
《レクレーション活動》
 ・研修旅行・歩こう会/トレッキング会
《同好会》
  ・7つの「同好会」と一つの「有志の会」 
《個人の地域活動 及び 活動のサポート》 

[
活動レポート
]
◆ラオスで植樹作業
◆2014年新春研修会の報告